So-net無料ブログ作成

さつまいもと豚肉の炊き込みご飯 [炊き込みご飯]

(11月30日)
11月24日に続いて、「おかずのクッキング 2007年 10/11月号」の
野崎洋光料理長のレシピを参考にしました。
作る手順も大体同じです。
炊飯器(/ル・クルーゼ)に洗い米とさつまいも(鳴門金時を使いました)、
調味出汁(水、薄口醤油、酒)を入れて、炊きます。
途中で、豚バラ肉に熱湯をかけて霜降りにしたものを投入します。

…これは素材の地味さからの期待値を大きく上まわる、美味しさでした。\(^-^)/
さつまいもの甘味と豚肉の旨味とがけんかするでもなく、
互いによく引き立てあっていました。

IMG_0242.jpg
タグ:野崎洋光
nice!(4)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 14

ゆい

mitsuさん、おはよです~♪

ホクホクのさつまいも美味しそう~♪♪

綺麗な色だな~^^

ル・クルーゼやっぱり欲しいです~。

>なんでジョンなんでしょうね~^^;
by ゆい (2008-12-03 05:48) 

はるみょん

さつまいもと豚肉を入れた豚汁好きなので、イメージがわきます〜♪
ほっこりと美味しそう(^^)
by はるみょん (2008-12-03 10:10) 

mitsu

ゆいさん こんにちは。
ル・クルーゼだと、炊きあがるまでの時間が意外と短いのと、
途中で蓋を開けて具を投入することができるので、
炊き込みご飯の時は重宝しています。(^-^)
by mitsu (2008-12-03 12:26) 

SAMEDI

さつまいもごはんは炊いたことあるけど、なるほど豚肉か~。
旨みが深まるし、味もしまりそうですね。
おいも、ほっくほくに炊けてて美味しそうです♪
by SAMEDI (2008-12-03 20:16) 

haru

さつまいも×豚バラ・・・意外な組み合わせですねっ
豚バラは途中から・・・??どのくらい途中から入れれば
いいのでしょうかっ? 最初から入れたらだめなのかしらん?
by haru (2008-12-04 01:16) 

mitsu

はるみょんさん こんにちは。
ご飯で食べるのも、さつまいもの甘味がしっかり味わえるので
おすすめですよ。(^-^)
by mitsu (2008-12-11 12:11) 

mitsu

SAMEDIさん こんにちは。
豚肉が入ると、またひと味違いますよ。(^-^)
by mitsu (2008-12-12 12:15) 

mitsu

haruさん こんにちは。
ル・クルーゼで、弱火にしてから13分位炊くところを、
6分くらいで入れてみました。
途中で入れた方が、食感や味が残るんでしょうかね。(^-^)
by mitsu (2008-12-12 12:32) 

ひかり

はじめまして、よろしければ相互リンクをして頂けませんか。こちらから先にリンクを張らせて頂いています。よろしくお願いします
by ひかり (2008-12-23 16:20) 

ゆい

mitsuさん、明けましておめでとうございます。

ことしもよろしくお願いします^^♪。

お料理楽しみにしてます^^

またお話しましょうね~^^

素敵な1年になりますように~★
by ゆい (2009-01-02 05:46) 

haru

あけましておめでとうございますっ
今年もmitsuさんのお料理楽しみにしています
よろしくお願いいたします♪ おはる
by haru (2009-01-04 00:50) 

mitsu

ひかりさん はじめまして。
不定期で気まぐれな更新状況ですが、よろしくお願いします。
(^-^)
by mitsu (2009-01-12 22:46) 

mitsu

ゆいさん こんばんは。
すっかり遅くなってしまいすみません。
ゆいさんのほんわかしたブログ、
また遊びに行かせていただきますね。
今年もよろしくお願いします。
ゆいさんにも素敵な年になりますように。(^-^)
by mitsu (2009-01-12 22:54) 

mitsu

haruさん こんばんは。
すっかり遅くなってしまいすみません。
haruさんのまったりしたユーモアセンスあふれるブログ、
また遊びに行かせていただきますね。
今年もよろしくお願いします。(^-^)

by mitsu (2009-01-12 23:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。